秋の観光旅行での石和温泉について

秋の観光旅行のシーズンになってきましたが、秋といえ紅葉と露天風呂と秋の味覚のグルメ旅です。天高く馬肥える秋という言葉もある通り、観光旅行にはとても楽しみな季節ということになります。その場合にどこに行くかということが問題になりますが、やはり近場で簡単に日帰りもできるところということになります。東京周辺では、山梨県が紅葉ということでも非常に秋を感じることができて、温泉も豊富で、美味しい食事もでき、露天風呂もあり楽しめるということになります。その中でも石和温泉については、昔から有名な温泉街なので、東京からの場合は特におすすめの温泉街ということになります。何よりも交通アクセスが非常に良いということがあります。新宿から中央線で乗り換えなしで往復できるということで、そのメリットは大きいということになります。

歴史から見た石和温泉について

秋の行楽シーズンということで、東京から近い温泉郷では石和温泉について知っておくと、手軽に東京からでも、訪れることができるので、興味もわき、楽しむこともできるというとですが、全国的にも山梨の温泉郷では有名なので相当昔からあるのだろうと考えてしまいますが、温泉郷としては比較的新しいということがわかります。山梨では最大規模を誇るということですし、新日本観光地ということでは全国で3位に入っている温泉郷だそうです。またブドウの産地としても有名なのが山梨ですが、この石和温泉郷は昭和36年にそのブドウ園から温泉が湧きだしたという非常に面白い歴史があります。そしてその後大きくなり、全国的にも知られるようになり、今に至るということですが、歴史が新しいということでは、湯量も心配ないということで、これからも長く楽しめる温泉郷でもあります。

石和温泉についての見所

日本全国に有名な温泉や知る人ぞのみ知る秘境の温泉などたくさんの温泉があります。有名な温泉についてはその知名度から行ってみたいという人も多いです。あまり温泉自体には興味が無い人は、雰囲気を楽しむことはあってもどこの温泉も同じだと考えている人もいます。しかし、歴史や泉質などは全く異なります。泉質が異なると効能も異なるので知っておくと良いでしょう。石和温泉については歴史は古くありません。山梨県にあります。都会から比較的近い場所に位置しながらも自然が多く残っている場所です。泉質についてはアルカリ性の単純温泉だと言われています。他の温泉地のように温泉街も形成されてはいますが、山梨や温泉周辺の文化などに関連したイベントや山梨の特産物に関連する施設などもあり、県外から来た人や外国人観光客にとっては楽しめる場所となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*